1. トップページ
  2. 美容液の効果が出る使い方

美容液の効果が出る使い方

せっかく購入した美容液。

効果がなかった人は、使い方や自分の肌のせいではなく、ただ単に効果がない美容液だったかもしれません。

美容液は効果があるの?

効果がそもそも期待できない美容液なら仕方がありませんが、せっかく購入した美容液なら効果がより出る使い方をしましょう。

美容液を塗る順番は?

美容液は美容成分を肌に浸透させるのが目的です。

だから、肌が一番吸収しやすい状態のときに塗るべき。

となると、洗顔直後になります。

洗顔後は普通化粧水を塗りますよね。でも美容液から塗るべきです。

なぜなら、化粧水に含まれる保湿成分が美容液の浸透を邪魔するからです。

美容液先行だと化粧水が弾かれるのでは?

美容液の種類によります。

例えばポーラのリンクルショットメディカルセラムは水を一切使わず、油剤だけで作られています。

主成分のニールワンが水溶性なので、肌の水分に引き寄せられるように作っているからです。

つまり肌に油剤が残ってしまうので、上から化粧水を塗ると角質層に水分が浸透しにくくなります。

ですが、化粧水の水分は何も角質層に浸透しなくても構いません。美容液効果を優先したほうがいいです。

大事なのは、肌から水分が蒸発するのを防ぐことです。水分を増やすことではありません。

だから上から保湿化粧品を塗っておけば大丈夫です。

ただ、ポーラのリンクルショットメディカルセラムだけは油剤でかなり重いので、これだけは先行で使わないほうがいいです。あまりにも重いので。

逆にアスタリフトのヒト型セラミドなんかは先行美容液になっています。

こちらは油剤を用いずにセラミドを配合しているため、むしろ化粧水の浸透が高まります。

重ね付けしたら濃度が高まって効果が出る?

重ね付けすることで成分濃度が高まります。水分が蒸発して肌に残るのは美容成分です。だから重ね付けは有効と言えば有効です。

1.増えた分が浸透しないと意味がない

ですが、その濃くなった美容液成分が、増えた分もちゃんと肌に浸透しないと意味がありません。

浸透技術が高い美容液ブランドではないと、ただ肌の上で成分が遊ぶだけです。

また肌に浸透する量は思っている以上に少ないです。

仮に浸透しやすい成分、技術が施されていても、一度塗ればもう飽和状態です。

だから浸透技術がしっかりしている美容液であっても、重ね付けはコスパが悪くておすすめできないのです。

2.防腐剤や界面活性剤の悪影響を受けやすくて逆効果

重ね付けは美容成分が濃くなるだけではありません。防腐剤や界面活性剤の濃度も高まります。

これらは肌に浸透しなくても悪影響が出ます。

美容成分は無駄になるは、肌に悪い成分は悪さをするは、実際のところ重ね付けにほぼメリットはないのです。